Python & Raspberry Pi 開発ブログ ☆彡

PythonとRaspberry Piの基本的な使い方をわかりやすく解説。初心者、入門者必見!!

カメラで写真/動画撮影をする

今回はRaspberry Piにカメラデバイスを接続して、写真や動画を撮影する方法を紹介したいと思います。

ハードウェア

USBカメラ等ではなく、標準のカメラモジュールを購入しました。

カメラ機能を有効にする

sudo raspi-configコマンドでカメラ機能を有効にします。下記の写真の流れで設定してください。

raspi-config camera1

raspi-config camera2

raspi-config camera3

raspi-config camera4

raspistillコマンドで写真の撮影

下記のコマンドで写真の撮影ができます。正直、こんなに簡単だとは思いませんでした。

$ raspistill -o picture.jpg

カレントフォルダにpicture.jpgが作成され、写真を撮ることができます。

raspividコマンドで動画の撮影

下記のコマンドで動画の撮影ができます。これも簡単です。

$ raspivid -o video.h264

カレントフォルダにvideo.h264という動画ファイルが作成されます。-tオプションで撮影時間(ミリ秒)が設定できます(オプションなしは5秒間撮影します)。-w,-hオプションで解像度の設定が可能です。

$ raspivid -o video.h264 -t 10000 -w 640 -h 480

VLCメディアプレイヤーで動画の再生

デフォルトでVLCメディアプレイヤーがインストールされています。raspividコマンドで撮影した動画をVLCメディアプレイヤーで再生します。VNC ViewerでRaspberry Piのデスクトップ画面を開いて、VNC上でターミナルを開いて、下記コマンドを実行してください。
※VNCの使い方は下記記事を参照してください。

www.raspberrypirulo.net

$ vlc video.h264

こんなに簡単に写真や動画が撮れるとは思っていませんでした。Rapsberry Piはすごいですね。そしてビデオストリーミングも簡単にできてしまいます。ネットワークがつながっていれば、Raspberry Piのカメラ映像をWebページでどこでも見ることができます。下記ブログで紹介していますので、こちらもご覧ください。

www.raspberrypirulo.net

ラズパイ ハードウェアに戻る
TOPページにもどる