Python & Raspberry Pi 開発ブログ ☆彡

PythonとRaspberry Piの基本的な使い方をわかりやすく解説。初心者、入門者必見!!

VS Code:SSH接続でPythonを実行する

今回は、VS Code(Visual Studio Code)でpythonの開発を行う方法を紹介したいと思います。めちゃくちゃ使いやすいです!

VS Codeのインストール

下記サイトから環境に合わせて、インストーラをダウンロードします。ウィザードに従ってインストールを行ってください。

code.visualstudio.com

拡張機能(extensions)のインストール

下記写真の青丸で囲ったアイコンをクリックします。次に緑丸の部分にインストールしたい拡張機能の名前を入力して、検索をします。インストールしたい拡張機能が見つかったら、黄色のInstallボタンをクリックするとインストールすることができます。

vscode extensions

インストールすると便利な拡張機能を紹介します。
・python
・Remote Development
・GitLens
・Git History
・Material Icon Theme
・Bracket Pair Colorizer
・Output Colorizer

Material Icon Themeはインストール後、下記の写真の青丸⇒緑丸⇒黄丸の順にクリックして、設定してください。

material icon setting1
material icon setting2

設定完了後、一度vs codeを終了し、再度起動します。これで拡張機能の設定は終了です。

SSH接続をする

下記の写真の流れでSSHの接続の設定をします。
※写真の塗りつぶされている箇所は、ユーザー名になります。Windowsのユーザー名を記載してください。 ※Raspbianのバージョンが低いとエラーになり接続できませんでした。

拡張機能:Remote Developmentをインストールすると、画面左側のタブに下記写真の青丸で囲われているアイコンが追加されます。そのアイコンをクリックするとSSH接続に関する設定ができます。続いて、プルダウンメニューからSSH Targetsを選択します。

vscode_ssh1


黄丸の設定ボタンをクリックします。

vscode_ssh2


青丸のSettingsをクリックします。

vscode_ssh3


Remote.SSH:Config FileにconfigファイルのPathを下記のように記載します。
C:\Users\ユーザー名\.ssh\config
※ここを空欄にするとうまく動作しませんでした。

vscode_ssh4


再度設定ボタンをクリックし、先ほど登録したPathを選択します。

vscode_ssh5


下記の写真のようにSSHの接続設定を記載します。上はパスワード入力の場合、下は鍵認証の場合になります。設定を保存後、緑丸のボタンをクリックするとSSHで接続します。

vscode_ssh6


接続成功後、Open folderと書かれている部分をクリックすると、Raspberry Piのフォルダが参照できるようになります。

vscode_ssh7

ターミナルを使用する

ホームディレクトリ(/home/pi)にtest.pyを新規に作成します。VS Code上のtest.pyファイルを右クリックして、Open in Terminalをクリックします。青丸の部分でpythonコードを書きます。緑丸の部分がターミナルです。python実行、Raspberry Piの操作ができます。黄丸でターミナルの数を増やしたり、減らしたりできます。ターミナルを簡単に複数起動できるのでとても便利です。また、1画面でコードの実装から実行まで完結できます。

f:id:raspberrypi:20191214173707j:plain

隠しファイルの表示/非表示を設定する

VS Codeの左下の設定ボタンをクリック ⇒ Settingsをクリックします。下記写真の青丸箇所にfiles.excludeと入力します。緑丸のAdd Patternボタンをクリックし、黄線の**/.*を追加します。これで先頭にドットがつくファイルが非表示なります。この設定ファイルで指定したものは非表示にすることができます。

files exclude

デバック実行する

VS Codeはpythonプログラムをデバック実行することができます。下記の手順で行います。
・虫のボタンをクリックします(青丸)。
・ソースコードの左側の部分にブレークポイントを設定します(赤丸)
・ソースコード上でF5ボタンを押します。デバック実行が開始されます
・VARIABLESやWATCHウインドウで変数の値を確認することができます(緑丸)
・操作パネルで続行、ステップ実行、再スタート、停止の操作ができます(黄丸)。続行ボタンを押すと、変数a、bの値が変わっていく様子が確認できます。

debug

まだまだ、VS Codeにはいろいろな機能がありますが、Raspberry Piの開発で必要な機能を紹介しました。ぜひ、使ってみてください。

ラズパイ 設定に戻る
トップページに戻る