Python & Raspberry Pi 開発ブログ ☆彡

PythonとRaspberry Piの基本的な使い方をわかりやすく解説。初心者、入門者必見!!

無線LAN接続する DHCP/固定IP設定

今回は無線LANでネットワーク接続し、SSHでログインするまでの手順を記載します。OSインストール直後にまず行うのがネットワーク設定だと思います。SSHで接続が出来るまでは、HDMIでモニタを接続し、USBキーボードでターミナルを操作しながら、設定していきます。

無線LANでネットワーク接続する

下記のコマンドで、SSIDとパスワードを設定します。 今回、例としてSSID⇒ABC、パスワードを⇒ABCDEFGHとします。

$ sudo su -
# wpa_passphrase ABC ABCDEFGH >> /etc/wpa_supplican/wpa_supplicant.conf

上記のコマンドを実行すると、/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confファイルにSSIDとパスワードが登録されます。#psk="ABCDEFGH"は、暗号化前のパスワードが表示されてしまいますので、削除します。

$ sudo nano /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

wpa_supplicant.conf

これで、無線接続のSSIDとパスワードの設定は完了です。再起動を行うとWi-Fi接続が可能になります。

DHCP設定(IPアドレス自動取得)

デフォルト設定で、Raspberry PiはDHCP機能が有効になっています。無線ルーター側もDHCPの設定になっていれば、IPアドレスは自動的に割り当てられます。IPアドレスは下記コマンドで確認できます。
※下記写真IPアドレスは一例です。環境によって変わります。

$ ifconfig

ifconfig

固定IPアドレスの設定

上記のDHCP設定の場合は、無線ルーターが自動的にIPアドレスを割り当てるため、再起動をするとIPアドレスが変わってしまう場合があります。開発時にSSHでログインする場合は、IPアドレスが変わってしまうと面倒なので、下記設定で固定IPアドレスにしておくことをお勧めします。

下記コマンドでdhcpcd.confファイルを開いて、wlan0の部分を編集します。
・static ip_address ⇒ 固定IPアドレス/サブネットマスク
・static routers ⇒ デフォルトゲートウェイのIPアドレス
・static domain_name_servers ⇒ DNSサーバーのIPアドレス

$ sudo nano /etc/dhcpcd.conf

dhcpcd.conf

再起動すると設定が有効になります。設定したIPアドレスになっていることを確認してください。

おまけ

数年前までは、固定IPアドレスの設定は/etc/network/interfacesに記載していましたが、現在は/etc/dhcpcd.confに書くことが推奨されています。

無線LAN設定ができました。次にやることはSSH接続(ネットワークで)でRaspberry Piに接続できるようにして、Raspberry Piに接続しているキーボードとHDMIモニタを外すことだと思います。下記ブログでSSH接続する方法を説明していますので、こちらもご覧ください。

www.raspberrypirulo.net

ラズパイ 設定に戻る
トップページに戻る