Raspberry Pi 3 & Python 開発ブログ☆彡

Raspberry Pi 3の使い方、設定をわかりやすく解説。Raspberry Pi3 Model B(Element14版)、Raspbian 8.0(NOOBS Ver1.9.2)を使用して開発中。

【スポンサーリンク】

Python開発環境:Eclipseを使用する方法(Remote System Explorer編)

【スポンサーリンク】

今回は、EclipseでRemote System Explorerというパースペクティブを使う方法を紹介します。この環境を使うと、Raspberry Pi上に簡単にworkspaceを作ることができ、またpydev環境でコードを実装することができます。

 

Remote System Explorerパースペクティブの追加

Eclipseの「メニューバー」 ⇒ 「Window」 ⇒「Perspective」⇒ 「Open Perspective」 ⇒「Other...」をクリックします。 開いたウインドウから"Remote System Explorer"を選択し、OKボタンをクリックします。これで、Remote System Explorerというパースペクティブが追加されました。

Raspberry Piに接続

次にRaspberry Piに接続します。Remote System Explorerパースペクティブの左側のウインドウの何もないところ(もしくは一番上のLocalを選択した状態)で右クリックをし、「New」 ⇒ 「Connection」をクリックします。

f:id:raspberrypi:20161120101919j:plain

 

下記のウインドウが表示されますので、SSH Onlyを選択します。

f:id:raspberrypi:20161119144419j:plain

 

次に下記のウインドウが表示されますので、環境に合わせて設定します。

・Host name ⇒ Raspberry PiIPアドレス
・Connection name ⇒ 任意の名前
・Descrption ⇒ 空欄でOK

f:id:raspberrypi:20161119144649j:plain

Finishボタンを押すと、下記のスクリーンショットのようにRemote System Explorerパースペクティブの左側にConnection nameで設定したホストが登録されます。

f:id:raspberrypi:20161119145012j:plain

 

登録したホストを選択して、右クリックをします(上記スクリーンショットの場合は、"raspberry pi"を選択して、右クリック)。表示されたメニューの下の方の"Connect”をクリックします。

f:id:raspberrypi:20161120102036j:plain

 

User IDとPasswordを入力するウインドウが表示されますので、raspberry piのログインIDとPasswordを入力します。これでRaspberry Piとの接続が完了しました。

 

Eclipseを使用してRaspberry Pi上のPython開発

上記手順でRaspberry Piと接続が可能になると、Remote System Explorerパースペクティブの左側のウインドウ ⇒ 「登録したホスト名」⇒ 「Sftp Files」 ⇒ 「My Home」の下にRaspberry Piの /home/piフォルダが表示されます。

/home/pi/の下にworkspaceフォルダを作成し、その中にPythonコードが書かれたファイル(今回はtest.pyとしました)を置いてみてください。Eclipseの 「My Home」の下にworkspaceが表示され、その中にあるtest.pyをEclipseで開くことができ、Pythonコードを記載することができます。もちろんPyDev環境が使用できます。

 

Pythonコードの実行

Eclipse上にターミナルウインドウを表示する機能があります。Remote System Explorerパースペクティブを選択した状態で、「メニューバー」 ⇒ 「Window」⇒ 「ShowView」 ⇒ 「Other」をクリックします。 下記のウインドウが表示されますので、「Remote Systems」の中の「Remote Shell」を選択してOKボタンを押します。Eclipseのウインドウの下側にRemote Shellのウインドウが追加されます。

下記のスクリーンショット右上の▽ボタンをクリック ⇒ 「Launch」⇒ 「登録したホスト名」を選択すると、Raspberry Piのターミナルが表示されます。TeraTermのよう使用でき、Commandのテキストボックスにコマンドを入力することができます。

python3 ./workspace/test.pyと入力し、Enterキーを押せば、test.pyが実行されます。

f:id:raspberrypi:20161119151616j:plain

 

Eclipse上でコードの実装から実行までできるのですが、ターミナルはTeraTerm等を使用したほうが使いやすいかもしれません。

 

長くなりましたが、EclipseのRemote System Explorerパースペクティブの使い方を紹介しました。この記事をみて使いやすいと思った方は試しに使ってみてください。

次回は最後になりますが、Eclipseでリモートデバックをする方法を紹介します。