Raspberry Pi 3 & Python 開発ブログ☆彡

Raspberry Pi 3の使い方、設定をわかりやすく解説。Raspberry Pi3 Model B(Element14版)、Raspbian 8.0(NOOBS Ver1.9.2)を使用して開発中。

【スポンサーリンク】

データベース(MySQL)の使い方 : MySQL Workbench編

【スポンサーリンク】

前回、Raspberry PiMySQLデータベースをインストールしました。MySQLデータベースの操作はWindowsからMySQL Workbenchというソフトを使うと操作できますので、その方法を紹介したいと思います。

MySQL Workbenchのインストール

下記のホームページからインストーラをダウンロードし、インストールを行います。

https://www-jp.mysql.com/products/workbench/

※最後のダウンロードページの左下に"No thanks, just start my download."という箇所があります。ここをクリックすると、SingUpしなくてもダウンロードが可能です。

MySQL Workbenchの設定

Workbenchを起動して、下記画像の”+"ボタンをクリックします。

f:id:raspberrypi:20161103173818j:plain

下記画面が表示されますので、環境に合わせて設定をします。

f:id:raspberrypi:20161103174020j:plain


・Connection Name ⇒ 任意
・Connection Method ⇒ Standard TCP/IP over SSH 

SSH Hostname ⇒ xxx.xxx.xxx.xxx:22 (Raspberry PiIPアドレス)
SSH Username ⇒ pi (Raspberry Piのユーザー名)
SSH Password ⇒ [Store in Vault...]ボタンをクリック⇒Raspberry Piのpiユーザーのパスワードを入力⇒OKボタンをクリック

MySQL Hostname ⇒ 127.0.0.1
MySQL Server Port ⇒ 3306
・Username: ⇒ root
・Password ⇒ [Store in Vault...]ボタン⇒DBのrootユーザーのパスワードを入力(今回の場合はpassword)⇒OKボタンをクリック

設定した後、右下の"Test Connection"ボタンを押し、エラーが出なければ、OKボタンを押してください。接続設定が登録されると、ボタンが作成されます。ボタンをクリックするとDBが表示され、操作ができるようになります。

f:id:raspberrypi:20161103174852j:plain

 

あとは、QueryタブにSQL文を書き込み、データベースを操作をしてみてください。GUIからもテーブルの作成等、いろいろと簡単に操作することができます。作りたいものに合わせて、テーブルやカラム等を設定してみてください。(SQL文の説明はここでは省略させていただきます。)

次回は、最終目標のpythonからデータベースを操作する方法を紹介します。