Raspberry Pi 3 & Python 開発ブログ☆彡

Raspberry Pi 3の使い方、設定をわかりやすく解説。Raspberry Pi3 Model B(Element14版)、Raspbian 8.0(NOOBS Ver1.9.2)を使用して開発中。

【スポンサーリンク】

カメラで写真/動画撮影

【スポンサーリンク】

今回はRaspberry Pi 3 にカメラデバイスを接続して、写真や動画を撮影する方法を紹介したいと思います。今後、センサー等の外付けデバイスの使い方も紹介していきたいと思っています。

 

ハードウェア

USBカメラ等ではなく、標準のカメラモジュールを購入しました。

Raspberry Piの設定

sudo raspi-configコマンドかGUIの"Raspberry Piの設定"でカメラ機能を有効にします。どちらも簡単ですが、GUIの方がわかりやすいと思いますので、こちらの手順を記載します。

GUIのデスクトップの"Menu"⇒”設定”⇒"RaspberryPiの設定"の項目をクリックします。RaspberryPiの設定ウインドウのインターフェースタブをクリックします。一番上のカメラの項目を"有効”に設定します。

f:id:raspberrypi:20160913155800j:plain

 

 raspistillコマンドで写真の撮影

下記のコマンドで写真の撮影ができます。正直、こんなに簡単だとは思いませんでした。

raspistill -o picture.jpg

カレントフォルダにpicture.jpgが作成され、写真が撮れていると思います。

 

raspividコマンドで動画の撮影

下記のコマンドで動画の撮影ができます。これも簡単ですね。

raspivid -o video.h264

カレントフォルダにvideo.h264という動画ファイルが作成されます。-tオプションで撮影時間が設定できます(オプションなしは5秒間撮影します)。-w,-hオプションで解像度の設定が可能です。

raspivid -o video.h264 -t 9999 -w 640 -h 480

 

omxplayerで動画の再生

omxplayerをインストールして、raspividで撮影した動画を再生します。

sudo apt-get -y install omxplayer
omxplayer video.h264

 

こんなに簡単に写真や動画が撮れるとは思っていませんでした。RapsberryPiはすごいですね。少し感動しました。