Raspberry Pi 3 & Python 開発ブログ☆彡

Raspberry Pi 3の使い方、設定をわかりやすく解説。Raspberry Pi3 Model B(Element14版)、Raspbian 8.0(NOOBS Ver1.9.2)を使用して開発中。

【スポンサーリンク】

Wi-Fi設定とSSHログインの設定方法

【スポンサーリンク】

今回はWi-Fiでネットワーク接続し、SSHでログインするまでの手順を記載します。OSのインストールから記載しようかと思いましたが、わかりやすいサイトが多いことと手順も難しくないため、このブログでは省略しようと思います。

 

それでは、まずWi-Fiの設定方法について説明します。OSインストール直後にまず行うのがネットワークの設定だと思います。Raspberry Pi 3では無線LANのハードウェアが搭載されており、ケーブルも不要なため、私は有線ではなく無線LANでネットワークを構築しています。

 

Wi-Fiでのネットワーク接続方法

Raspberry Piは固定IPのほうが何かと便利だと思い、固定IP設定にしました。固定IPの設定は、RaspberryPiで設定するのではなく、無線ルーター側で行っています。無線ルーターがIPを自動的に割り振ってくれるようにDHCP設定にし、RaspberryPiのMacアドレスに対しては、固定IPを毎回自動的に割り振る設定にしました。ですので、RaspberryPiにManualでIP/サブネットマスク/ゲートウェイ/DNSのIPを設定するのではなく、DHCP設定をします。RaspberryPiで下記のコマンドを実行し、inferfaceの中身を下記のように変更します。

sudo nano /etc/network/interfaces

interfacesの中身を下記のように変更します。

iface wlan0 inet manual ⇒ iface wlan0 inet dhcp

 

interfacesの中にも記載されているように、Wi-Fiの設定は/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf ファイルに記載します。

sudo nano /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

wpa_supplicant.confの中身を下記のように変更します。ssid="xxxxx"にはSSID、psk="xxxxx"にはパスワードを記載します。SSIDがステルス設定になっている場合は、scan_ssid=1の記載が必要となります。

---------------wpa_supplicant.conf--------------- 

country=JP
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
ssid="xxxxx"
psk="xxxxx"
scan_ssid=1
}

このあと、再起動するとネットワークに接続ができ、インターネットの閲覧可能になります。

 

SSHでのログイン方法

SSHでのログイン方法は、上記のWi-Fi接続ができていれば、簡単です。teraterm等で、SSHを選択し、RaspberryPiの無線LANのIPアドレスを指定して、接続します。デフォルトのID/パスワードは、

ID:pi 

パスワード:raspberry

です。 パスワードは下記のコマンドで変更できます。

sudo passwd pi

 

これでSSHでログインし、コマンドでRaspberry Piを操作できるようになりました。

SSHは使えるようになりましたが、なぜかインターネットにつながりません。解決方法は下記ブログに記載しました。